マイナビ顧問

メニュー

登録顧問
活用事例

介護職員の離職はなぜ起きるか?介護福祉士の資格を持ち、現場が分かる顧問だからできる事

企業データ

所在地
首都圏
事業内容
医療、福祉、その他

ご紹介顧問

ご年齢
50代
キャリア
介護現場での経験、マネージメント経験
得意領域
高齢者施設
経営課題
法人内のとある施設だけ離職率が高く、色々な手段を使って調べたが、本質的な退職理由が発見できないでいた。
職員の本音をヒアリングし、現状の把握、改善案の提案をしてほしい。
顧問の
活動内容
ヒアリング期間、活動時間を決め、職員にヒアリングを行った。忙しい現場の事を考慮し、面談スケジュールを決めず、シフトに合わせて柔軟に活動タイミングを変更して行った。
介護職以外の職員にもヒアリングする事で、様々な意見を聞き「離職の本音は何か?」を分析していった。分析結果をまとめ報告、この職場に似合った改善策を提案した。
担当アドバイザーより
介護職の離職は、介護業界全体の課題であり、あらゆる問題が絡み合い、結果的に離職になっています。今回は介護福祉士の経験を持ち、現場職員の気持ちが分かる顧問に活動していただき、あらゆる問題が見える化したという顧問活用事例です。離職が続けば、教育のマンパワー不足、職員モチベーション低下、介護の質や評判の低下にも繋がります。
顧問=第三者だからこそ、現場職員から「実はもっと良くしたいのにどうしたらいいか分からない」といった本音の声を聴く事もでき、運営のヒントになったのではないでしょうか。

サービスの流れ

  1. 01
    お問い合わせ

    「法人問い合わせ」のボタンより必要事項を入力し、ご登録ください。

  2. 02
    ヒアリング

    貴社の経営課題をヒアリング。 予算・期間・ゴールなどを設定。

  3. 03
    マッチング

    ヒアリング内容に基づき、 顧問の方をマッチング・ご提案。

  4. 04
    面談・契約

    ご紹介とご面談。 双方の合意に至ればご契約。

  5. 05
    アフターフォロー

    契約顧問に対して、 課題点などを継続してアフターフォロー。

お問い合わせ

経営課題や相談に関する法人様向けのページです。顧問の紹介・派遣ならマイナビ顧問。顧問・社外取締役・アドバイザーとして、経営・組織・事業・営業・企画・海外戦略・管理部門など様々な経営課題を抱える企業へご紹介。