マイナビ顧問

メニュー

ニュース&コラム

顧問紹介・派遣TOPへ > ニュース&コラム > 2021年 > 【徹底解説】DX推進とは?正しい意味や成功するためのポイントを解説

【徹底解説】DX推進とは?正しい意味や成功するためのポイントを解説

DX

日々、IT技術は進化しており、日常生活においてもデジタル化が進んでいます。そのなかで「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉を聞くようになりました。

しかしながら、DXの意味や取り組むべき理由などをしっかりと把握している方は少ないです。そこで、この記事ではDXに関して網羅的にご説明します。 最後まで読み進めることで、DXについての理解が深め、今後のテクノロジーの導入に活かしてください。

1. DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

まずは、DXについて意味や定義などをご説明します。DXは英語表記だと「Digital Transformation」となり、「Trans」を「X」で表現することがあるため、DXと言われています。また、本来のDXの意味や定義と、ビジネスにおけるDXの意味は多少異なります。 ここでは、それらの違いがわかるように以下の3点について触れていきます。

・意味や定義
・ビジネスにおけるDXの意味
・IT化とDXの違い

1-1. 意味や定義

DXは2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授が提唱した、「ITの浸透により人々の生活をよりよくする」という考えです。

エリック・ストルターマン教授が提唱して以降、私たちの生活にはDXが浸透してきました。たとえば、日本でも普及しているキャッシュレス決済もDXの一つです。キャッシュレス決済により、現金を持ち歩く必要がなく会計もスムーズになりました。

ほかにもIoTと呼ばれる技術により洗濯機や掃除機などを外部から操作できるようになるなど、日常生活のIT化が進んでいます。

1-2. ビジネスにおけるDXの意味

DXはビジネスの場面でもよく使われています。経済産業省からは「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」が出されており、そこではDX推進のための経営のあり方が示されています。

「想定されるディスラプション(「⾮連続的(破壊的)イノベーション」)を念頭に、データとデジタル技術の活用によって、どの事業分野でどのような新たな価値(新ビジネス 創出、即時性、コスト削減など)を生み出すことを目指すか、そのために、どのようなビ ジネスモデルを構築すべきかについての経営戦略やビジョンが提示できているか。」

デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン – 経済産業省

 

以上を踏まえると、ビジネスに置けるDXは企業がITの技術を活用して事業を変革することと理解できます。

1-3. IT化とDXの違い

DXについて理解を進めるうえで、IT化との違いがわかりにくいと感じる方は多いです。その理由は、DXもIT化もデジタル技術を導入するという点で同じだからです。しかし、DXとIT化は最終的な目的に大きな違いがあります。

また強化学習という学習方法もあります。機械のプログラム自体が試行錯誤を繰り返すことで結果を観測し、現在の状況に適した最善の行動を決定していきます。

2. なぜいまDX推進が注目されるのか?

DXに関しては経済産業省も推進しており、注目している企業が多いです。その背景には「2025年の崖」というキーワードがあります。経済産業省のレポートによると、DXが進まないと2025年以降に年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性があるといわれています。これが「2025年の崖」です。

また、DX実現のシナリオとして経済産業省は以下をあげています。

「2025年までの間に、複雑化・ブラックボックス化した既存システムについて、廃棄や塩漬けにするものなどを仕分けしながら、必要なものについて刷新しつつ、DXを実現することにより、2030年実質GDP130兆円超の押上げを実現」

DXレポート - 経済産業省

 

このように企業が既存のシステムを刷新することが、経済に大きな影響を与えます。そのため、DX推進は国や企業にとって注目度が高いのです。

3. 企業が”いま”DX推進に取り組むべき理由

ここからは、企業がいまDX推進に取り組むべき理由を5つ詳しくご説明します。

3-1. 業務効率化や生産性の向上が可能になる

DX推進により社内のデジタル化が進むと業務効率化や生産性の向上が可能になります。たとえば、これまで人の手作業により行っていた単純作業をデジタルの技術で自動化できたり、クラウドストレージを活用して出先でデータの共有や編集ができたりします。

すでにそれらを導入している企業であれば、業務効率や生産性の向上によるメリットを経験しているでしょう。また、働き方も大きく変わることになり、これまでよりもコスト削減や人員の確保にもつながります。

またDX推進により、テレワークを実施すればオフィスを維持するコストの削減ができます。働く側からしても、育児や介護などとの両立がしやすくなるため、良好な働く環境を構築できれば、人材の確保にもつながり企業にはプラスの材料となります。

3-2. IT環境の進化により各業界の競争力が強化される

IT環境は日々進化しており、各業界の競争力が強化されています。ITやデジタルの技術を積極的に導入する企業は、コスト削減や業務効率化、生産性向上などさまざまなメリットを獲得しています。

その結果、業績の向上につながります。また、IT技術の進化は消費者の行動を変化させます。消費者行動の変化に対応できない企業では、競合との競争に負けてしまいます。そのため、企業のDX推進が今後よりいっそう重要となるでしょう。

3-3. BCP(事業継続計画)を充実する必要がある

BCPとは、災害やシステムの障害などにより企業が危機的な状態に陥った際に、最小限の被害におさえることです。そのためには、被害を受けた後にスムーズに業務を継続するための対策などを決めておくことが重要になります。

たとえば、大震災が起こった際に「オフィスに出社しなければ仕事ができない」という状況が続くと、企業の存続に大きな影響があります。最近であれば、新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅ワークをすぐに導入した企業とそうではない企業には差が生まれました。

企業により在宅ワークなどを簡単に取り入れられない場合もありますが、想定外の事態に備えてDXを推進することは大切です。

3-4. DXに取り組むことでビジネス展開の幅が拡がる

DXは単にITやデジタルの技術を導入することだけではなく、新たなビジネスモデルやサービスの構築も目的としています。よって、最先端の技術を導入して最新のビジネスモデルを検討することでDX推進が加速します。

DX推進が加速すると、急な変化にも対応しやすいでしょう。特に近年は、スマートフォンやインターネットの高速回線の普及により消費者を取り巻く環境に大きな変化がみられます。1人が1台のデバイス(スマートフォンなど)を保有することは、大量の行動データの蓄積につながります。

そのため、AIなどを活用したデータの分析、柔軟なシステム開発に取り組むことが重要になります。

3-5. IT人材が不足している

IT技術の進化によりDXが推進されていますが、IT人材は常に不足しています。インターネットの高速化、AIによるビッグデータの解析などさまざまなテクノロジーが普及しつつあるため、このような進化に対応していくことは企業にとって大切なことです。

従来の方針ややり方にとらわれていると、時代に乗り遅れてしまい、企業の存続も危ぶまれることもあるでしょう。しかしながら、DXの推進にはITやデジタルに長けた人材が必要です。ITに詳しいだけではなく未来を見据えて対応できる人材が増えたならば、競合に対して優位に立てます。

変化が激しい時代になったからこそ、IT人材を補い、教育しながら企業の存続に活かしていくことが必要です。

4. DX推進に向けた企業の課題

企業はDX推進にいまこそ取り組むべきですが、課題も残されています。ここではDX推進に向けた企業の課題として、3つの内容を取り上げ詳しくご説明します。

1.IT人材の不足
2.既存システムの老朽化・複雑化
3.IT関連予算の活用

4-1. IT人材の不足

前述のとおり、日本のIT人材は不足しています。2030年には45万人のIT人材が不足するというシミュレーションもなされており、日本のIT人材不足は深刻とも考えられます。このIT人材といわれるのは、システムコンサルタントや設計者、ソフトウェア作成、情報処理・通信技術などに属する人材です。

そんな中、多くの企業が自社のシステム構築や運用をベンダー企業に任せているのが現状です。ベンダー企業においてもIT人材の不足が慢性的なものとなっており、戦略的な人材育成などができない場合が増えています。

こういったIT人材の不足において、企業が生き残るには自社で優秀な人材を確保して教育していくことがポイントです。

IT人材需給に関する調査(P42) - みずほ情報総研株式会社

4-2. 既存システムの老朽化・複雑化

「2025年の崖」の要因となっている企業の既存システムの老朽化や複雑化は、DX推進の大きな課題です。日本の多くの企業は、既存システムの導入から10年以上経過していることが多く、老朽化しています。そのようなシステムをレガシーシステムと呼び、システムそのものが肥大化していたり複雑化していたりします。

また、既存システムの導入や拡張を手がけていた社員が退職するケースもあります。既存システムをベンダー企業に任せているケースも含めて、システム全体を社内で把握できる人材も限られる場合もあるでしょう。

いわゆるブラックボックス化により、新たなシステムの導入の際に支障がでることも考えられます。この課題をクリアしなければ、DX推進は困難でしょう。

4-3. IT関連予算の活用

経済産業省のDXレポートによると、企業はIT関連費用のうち8割以上が既存システムの運用や保守に充てていることがわかりました。これは日本の企業の多くが、既存システムに対して多くの予算を充当しており、大きな負担になっていることを意味します。

DX推進をしたいと考えても、新たなツールやシステムの導入ができないことが予想されます。予算が厳しい場合は、「IT導入補助金」や「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」などを検討してみるのもいいでしょう。

IT導入補助金はITツールの導入に活用できる補助金で、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、今後の制度変更に対応するための設備投資などを支援する補助金となります。このような助成金や補助金を活用して、効率的にDX推進に取り組みましょう。

IT導入補助金について - 一般社団法人 サービスデザイン推進協議会

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 - 全国中小企業団体中央会

5. 経済産業省のDX推進ガイドラインについて

経済産業省はDX推進のためのガイドラインを出しています。このガイドラインでは、DXを実現するうえでの現状の課題とその対策について示されています。具体的には大きくわけて2つの項目で構成されており、DX推進の方向性がわかる内容です。

・DX推進のための経営のあり方や仕組み
(経営戦略やビジョンの提示、経営トップのコミットメント、DX推進のための体制整備、投資家の意思決定のあり方、DXにより実現すべきもの など)
・DXを実現する上で基盤となるITシステムの構築
(全社的なITシステムの構築のための体制、全社的なITシステムの構築に向けたガバナンス、事業部門のオーナーシップと要件定義能力 など)

DXレポート - 経済産業省

6. DX推進を成功させるための3つのポイント

ここからは、DX推進を成功させるための3つのポイントをご説明します。DX推進を成功させるに確認しておきましょう。

6-1. 経営陣が主導となって改革に取り組む

DX推進は担当する現場の社員だけではなく、経営者や現場責任者の協力が不可欠です。特にDX推進では経営陣のコミットメントが重要であり、主導的に改革に取り組むことがポイントとなります。

経営陣がDXにより何をしたいのか、どのような新たな価値を生み出したいのか、どうやってビジネスに変革をもたらしたいのかを明確にすることが大事です。その後、DX推進のために必要な人材を確保したり予算を割り当てたりします。そして、現場とのコミュニケーションを密に図り、社内全体の意識を替えることも重要です。

DX推進はすぐに完了するものではなく、何年もかけて取り組むプロジェクトです。そのため、経営陣がリーダーシップをとり、全社的に推進することを念頭に入れる必要があります。

6-2. DXを推進できる人材の確保と育成

DXを推進するには、DXやIT、デジタルに詳しい人材の確保と育成もポイントです。日本の企業はIT人材についてリソースが社内にない場合が多く、IT人材の確保と育成は大きな課題といえるでしょう。

IT人材の確保でポイントとなるのは、経営陣の直轄や部門の垣根を越えて行動できるチームの構成です。DX推進をするにあたり、人材を適材適所に配置することは大事な要素になります。たとえば、DXなどに長けた人材がいたとしても、組織の縦割りに縛られるようでは上手く機能しません。

経営陣が全社を巻き込んでDX推進に注力し、システム構築のための適材適所の人材配置をおさえておきましょう。

6-3. 一貫したシステム構築

DX推進を成功させるには、一貫したシステム構築が重要です。前述のとおり、日本の多くの企業の既存システムは老朽化や複雑化、ブラックボックス化しているケースが多くなっています。個別システムも多く、上手く連携ができないケースもあるでしょう。

部門ごとで個別にDXを推進すると全社で活用できるシステムの構築が難しくなり、結局はDXのメリットが得られない状態となるわけです。

ですから、DX推進を成功させるには全体を見渡して、シームレスなデータ活用ができる一貫したシステム構築が大事になります。一貫したシステム構築ができると、企業の競争力の向上につながるでしょう。

7. DX推進に成功した企業の事例3選

すでにDXの推進を行い、成功した企業があります。以下でDX推進に成功した企業の事例を3つご紹介します。

・DXによる多大なコストカットに成功
・DXによる生産力向上に成功
・DXによる作業効率化に成功

前述のとおり、さまざまな理由からDXに取り組むべきと考えられますが、実際に成功している事例は今後の参考になります。以下の3つのDX推進の事例をぜひ参考にしてみてください。

7-1. DXによる多大なコストカットに成功

DXによりさまざまなコストカットが可能です。あるレンタルユニフォーム事業を手がける企業は、DXによりコストカットに成功しています。

レンタルユニフォーム事業では人為的なミスとしてサイズ違いが頻繁に起こっていましたが、その際に、返品や交換には多くのコストがかかり、課題となっていました。その課題に対して、AIによる画像認識を活用したツールを導入して改善に成功したのです。

その結果、クライアント側の採寸にかかる作業コスト、自社における返品コストの削減を実現しています。これは人為的なミスはさまざまな企業で課題にしている部分であり、その点をDXにより解消した事例といえます。

7-2. DXによる生産力向上に成功

生産力向上に成功した事例では農業分野のDXをご紹介します。近年、農業分野は急速にIT化が進んでいるものの、AIやデータの活用といった高度なIT化はまだまだ進んでいません。しかし、農業従事者の高齢化が進んでいることもあり、DXにより省力化と高収益化が求められています。

この課題にドローンやAIを活用した技術が利用されています。これはドローンで撮影した映像からAIが害虫を検知して、ピンポイントに農薬を散布したり肥料を与えたりする技術です。

ピンポイントに農薬や肥料を散布することで、散布量を従来よりおさえられ高収益化が可能となりました。農薬を通常よりも少なくした農作物は消費者に安心感を与えるため、通常よりも高値で販売しても売れやすいでしょう。

7-3. DXによる作業効率化に成功

DXにより作業効率化を実現した事例は多いでしょう。そのなかで建設・建築業界の事例をご紹介します。建設・建築業界は現在も図面や参考資料を大量にデスクに積み上げて作業するケースが多いです。

これでは作業が非効率です。そこである企業は、建材や家具を検索できるアプリを開発しました。そのアプリでは、床や家具を撮影するとAIが画像を認識して分析することで、類似商品をいくつか表示します。

従来まではカタログのページをめくって探していたところを、すぐに建材や家具を下げられるようになったのです。さらに、アプリを利用することで情報共有がしやすくなりました。

また、これまで建材や家具探しはメーカーの営業に頼る部分がありましたが、このアプリの登場で建材探しをする人とメーカーをマッチングさせるビジネスモデルも生まれました。

8.まとめ

DXはITの浸透によって人々の生活をよりよくする考え方です。ビジネスにおいては、IT技術を活用して事業を変革させることになります。日本の企業の多くは、10年以上も前に構築したシステムを使い続けており、2025年には大きな経済損失につながる可能性があります。それにより、企業のDX推進が注目されていますが、DX推進には人材や予算の確保などが必要であり、経営陣が主導となり進めることがポイントです。

なお、DX推進について不安や悩みがある場合は、マイナビ顧問をご利用ください。マイナビ顧問は経営課題を発見して顧問をご紹介します。ご紹介する顧問は、元大手企業役員や海外事業責任者など、高度なノウハウと人脈を持つ課題解決のプロフェッショナルです。

DX推進についても万全のサポートをいたします。ぜひ、マイナビ顧問にご相談ください。

顧問の紹介・派遣ならマイナビ顧問。顧問・社外取締役・アドバイザーとして、経営・組織・事業・営業・企画・海外戦略・管理部門など様々な経営課題を抱える企業へご紹介。