マイナビ顧問

メニュー

ニュース&コラム

顧問紹介・派遣TOPへ > ニュース&コラム > 2022年 > SDGsでできることとは?企業や個人それぞれで、できることを考える

SDGsでできることとは?企業や個人それぞれで、できることを考える

SDGs

近年、至るところでよく耳にするようになったSDGs。貧困や差別といった世界的な社会問題の解決を目指す枠組みであり、興味や関心を持っている方もいらっしゃると思います。しかし、SDGsのために自分や自社が実際にできることはあるのか、いま一つイメージできていない方が多いのも現実でしょう。

今回は、SDGsの実現のために企業や個人ができることについて解説していきます。

1.まずは、SDGsについて知ることが大事

SDGs(Sustainable Development Goals)は、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。2015年の国連サミットで、「世界が直面する貧困や環境問題解決に向けた国際開発目標」として採択されました。

SDGsには、17個の目標とその達成に欠かせない169のターゲットが設定されており、2030年までの達成に向けて世界各国で取り組みが推進されています。日本においても、政府先導のもと、大企業を中心に独自の取り組みが加速しています。

SDGsの取り組みを実行するためには、まずSDGsがどのようなものか理解する必要があります。

1-1.17の目標

まずはSDGsの基本となる17の目標を把握しましょう。SDGsで掲げられる17の目標と概要は以下のとおりです。

1.貧困をなくそう
あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

2.飢餓をゼロに
飢餓を終わらせ、食料安全保障および栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する

3.すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

4.質の高い教育をみんなに
すべての人々への、包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

5.ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダー平等を達成し、すべての女性および女児の能力強化を行う

6.安全な水とトイレを世界中に
すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

8.働きがいも経済成長も
包摂的かつ持続可能な経済成長およびすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

9.産業と技術革新の基盤を作ろう
強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進およびイノベーションの推進を図る

10.国や人の不平等をなくそう
各国内および各国間の不平等を是正する

11.住み続けられるまちづくりを
包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市および人間居住を実現する

12.つくる責任つかう責任
持続可能な生産消費形態を確保する

13.気候変動に具体的な対策を
気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる

14.海の豊かさを守ろう
持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

15.陸の豊かさを守ろう
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復および生物多様性の損失を阻止する

16.平和と公正をすべての人へ
持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する

17.パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

持続可能な開発目標(SDGs)と日本の取組 - 外務省国際協力局

またSDGSでは、この17の目標それぞれに対してさらに詳細な実現のための方法が定められています。

2. SDGsの世界での達成状況

各国のSDGsの進捗状況が示された「Sustainable Development Report 2021」(持続可能な開発レポート)によると、SDGs参加国165ヵ国中、日本は18位に位置づけられています。

そのレポートによると、日本における17の目標の進捗状況は以下のとおりです。

・SDGs達成済
4.質の高い教育をみんなに
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
16.平和と公正をすべての人へ

・課題が残っている
1.貧困をなくそう
3.すべての人に健康と福祉を
6.安全な水とトイレを世界中に
8.働きがいも経済成長も
11.住み続けられるまちづくりを

・重要な課題が残っている
2.飢餓をゼロに
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
10.国や人の不平等をなくそう
12.つくる責任つかう責任

・主要な課題が残っている
5.ジェンダー平等を実現しよう
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさを守ろう
17.パートナーシップで目標を達成しよう

Japan OECD member - Sustainable Development Report

3.個人でできるSDGs

SDGsを達成するためには、個人の小さな努力の積み重ねが大切です。一つひとつは地道な取り組みでも、その取り組みを継続的に実行していくことが欠かせません。

3-1.寄付や募金を積極的に行う

個人がSDGsの課題にアクションできることの一つとして、寄付や募金が挙げられます。寄付や募金は、いままさに困難な局面にいる世界中の人たちに対して直接的に支援ができる大切な取り組みです。インターネットなどで調べると、物品や現金を集め海外へ提供、支援している非営利団体や慈善団体も見られます。団体によって目的や手段が異なるため、思想や理念に共感できる団体に寄付や募金を預けましょう。廃棄しようとしていた不要品や気持ち程度の現金だとしても、集まれば多くの人を支えることができます。

3.2.エコバックなどを利用する

買い物の際には、レジ袋をもらう代わりにエコバックを持参しましょう。レジ袋の原材料でもあるプラスチック製品のごみを削減することは、海などの自然環境を守ることにつながります。日本では2020年にレジ袋が有料化され、エコバックを常備している人も多くなっていますが、引き続き意識していきましょう。カフェにマイカップやマイボトル、マイストローを持参することも、個人が手軽にできるプラスチックごみ削減の取り組みの一つです。

3-3.食生活を見直す

日本では、全世界の食料援助量の2倍にあたる毎年600トンにも及ぶ食品が食べられることなく破棄されています。食べきれる分量だけ購入することや、食材を余すことなく使用すること、すぐに調理するなら賞味期限が近い食材を選ぶことなどは、誰もが今日からできるSDGsの取り組みです。

3-4.水や電気の無駄遣いをなくす

節水や節電も、SDGsの目標達成に向けて一人ひとりがすぐにできる取り組みです。私たちの命をつなぐ水資源は決して無限に存在するものではなく、今後は人口増加や地球温暖化などの影響で不足する国が増加すると予想されています。また、便利な生活を支える電気やガスは多くのエネルギー資源を消費して生み出され、使用する際にも大量の二酸化炭素を排出するため、地球温暖化を加速させる要因の一つといわれるものです。

蛇口をこまめに閉める、洗濯はお風呂の残り湯を使用する、節水機能のあるシャワーヘッドを使用する、使用しない部屋の電気は消すなどの取り組みは、貴重な水やエネルギー資源を守ることにつながります。

4.企業でできるSDGs

企業によるSDGs達成に向けた取り組みは大企業が際立っていますが、中小企業でもできることは多くあります。組織ぐるみで取り組みが加速できれば、将来的に得られる成果も変わってくるはずです。比較的シンプルな構想でできるSDGsの取り組みとしては以下の6つをご紹介します。

4-1.冷暖房の節約

オフィスで使用する冷暖房の温度管理に配慮するだけでもSDGsの効果的な取り組みとなります。「冷房が効き過ぎて寒い」「暖房が効き過ぎて乾燥する」といった声はオフィスでよく聞かれますが、温度管理は従業員のパフォーマンスにも影響を及ぼしますので、健康経営の観点からも重要です。

4-2.ペーパーレス化

社内書類や会議資料などを電子化する「ペーパーレス化」も、企業がSDGsでできることの一つです。紙の原料となる森林の伐採を抑えられ、動物の生態系を守ることにつながります。ここ数年でリモートワークの導入が加速したこともあり、クラウドサービスの利用も浸透していますので、企業におけるペーパーレス化の実現は難しい課題ではなくなっています。

4-3.働き方や職場環境の見直し・改善

従業員の働き方や職場環境のアップデートも、誰もが働きやすい環境を整えるうえで大切です。働き方改革や新型コロナウイルスの感染拡大により変化の兆しが見えているものの、長時間労働や頻繁な休日出勤、ライフステージの変化によってキャリアを諦めざるを得ない現状などは早急に見直し、改善しなければならない課題です。従業員の希望に応じて働く場所や時間、方法などを選択できる職場環境を提供できると良いでしょう。

4-4.ボランティアの参加や寄付

従業員にボランティア活動への参加や寄付を促すことはそれ自体がSDGsの達成につながりますが、SDGsの重要性を感じてもらうという意味でも効果的です。社内でSDGsにつながる活動を奨励しても、従業員が自分ごととして捉え行動するのはなかなか難しい面もあります。しかし、自社従業員の属性に響く内容を選ぶことで「やらされている感」を感じにくくなるでしょう。

4-5.環境に配慮されたものに切り替える

社内で使用する物品を環境に配慮したものに替えていくことも、企業がSDGs達成に向けてできることです。ペーパーレス化が前提でも、請求書や納品書、会社案内、名刺など、紙の使用が避けられない部分もあるでしょう。それらを再生紙に切り替えることも立派なSDGsの取り組みです。

なかでも、印刷物を保護するためのクリアファイルやラミネートは、プラスチック製品であることから切り替えを検討したい物品の一つです。最近では一定の強度を保ちつつプラスチック含有量が少ない製品も販売されています。

4-6.通勤手段を見直す

車通勤をできるだけ避けることも有効です。政府も、車ではなくバスや電車などの公共交通機関、また自転車などを使用する「エコ通勤」を推奨しています。国土交通省の発表によると、日本における二酸化炭素排出量のうち約2割が車の使用によるものです。車がないと通勤が難しい場合はリモートワーク・テレワークの導入もおすすめです。

5.企業がSDGsに取り組むために

企業のSDGsへの取り組みは全世界が掲げる目標の達成に貢献するためのものですが、同時に自社の存在や価値をアピールする機会にもなり、新たなビジネスチャンスも期待されます。したがって、場当たり的ではなく自社の課題を正確に把握し、体制を整えたうえで戦略的に取り組む必要があります。

企業がSDGsの取り組みをスタートさせるにあたっては、マイナビ顧問の利用がおすすめです。豊富な経験と実績をもつマイナビ顧問のプロフェッショナルだからこそできる専門的かつ的確な助言で、自社に最適なSDGsの取り組みを後押しします。

以下の記事では、企業がSDGsへ取り組むことのメリットや課題についてまとめています。ぜひご覧いただき、今後の方向性を検討してみてください。

企業がSDGsに取り組むためには-メリットや課題を把握し取り組みを成功させよう

6. まとめ

2030年のSDGs目標達成期限まで、あと数年程となりました。それぞれの目標は規模感が大きく、「個人でできることなどたかが知れている」と思う方もいるかもしれません。しかしこれらの目標は、大きいからこそ私たち一人ひとりの小さな積み重ねがなければ実現できないものです。日常生活から自分にできることを探し、取り組んでいきましょう。

マイナビ顧問

顧問の紹介・派遣ならマイナビ顧問。顧問・社外取締役・アドバイザーとして、経営・組織・事業・営業・企画・海外戦略・管理部門など様々な経営課題を抱える企業へご紹介。