マイナビ顧問

メニュー

ニュース&コラム

顧問紹介・派遣TOPへ > ニュース&コラム > 2022年 > ダイバーシティ&インクルージョンとは?それぞれの意味や取組み方を解説

ダイバーシティ&インクルージョンとは?それぞれの意味や取組み方を解説

ダイバーシティ

昨今ではあらゆるシーンで多様性を尊重する動きが浸透し、「ダイバーシティ」は耳慣れた言葉となりました。しかし、「ダイバーシティ&インクルージョン」という言葉までご存じの方は多くはないでしょう。

今回は、ダイバーシティ&インクルージョンの意味や取り組みのメリット、施策を進めていく方法などを解説します。

1.ダイバーシティ&インクルージョンとは

ダイバーシティ&インクルージョンとは、「多様性」を意味するダイバーシティと「受容」「包括」を意味するインクルージョンが合わさった言葉で、「多様性を受け入れ認め合い、それぞれの良い部分を活かしていくこと」を意味します。年齢や性別、国籍、学歴、特性、趣味嗜好、宗教などにとらわれない多種多様な人材が自らの能力を最大限発揮し活躍できる。そんな組織作りに欠かせない概念です。

1-1.求められるようになった背景

ダイバーシティ&インクルージョンが求められるようになった背景には、近年のダイバーシティ推進が影響しています。ダイバーシティ推進は、働き方や雇用に対する意識改革の影響や労働力人口の減少、女性や高齢者の活躍などを背景に急速に注目を浴びる取り組みです。

しかし、長年「同質であることが良し」とされてきた日本の組織において丁寧な準備なくこうした組織を推進すると、組織内に軋轢を生み一体感を損なうリスクも考えられます。そこで求められるようになったのがインクルージョンの概念です。

ダイバーシティは単に多様性を受け入れるだけではなく、一人ひとりの人材が活躍できてこそ本当の意義が発揮されます。ダイバーシティにインクルージョンの取り組みをプラスすることで、一人ひとりが自分らしく企業活動に参加できる土壌が整い、ダイバーシティ推進による成果が生まれやすくなります。

2.ダイバーシティ&インクルージョンに取り組むメリット

ダイバーシティ&インクルージョンに取り組むと具体的にどのようなメリットが享受できるのでしょうか。主なメリットを4つご紹介します。

2-1.人材不足の解消・優秀な人材の確保

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みは、慢性的な人材不足を解消すると同時に優秀な人材の確保にも効果的です。求職者は働き方が柔軟でその選択肢が多い企業に魅力を感じます。 したがって、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みは求職者への効果的なアピールとなります。応募数が増加すれば優秀な人材を確保できる可能性がより高まります。

2-2.新しい価値観の創出

新しい価値観を創出するには自社や自分自身に浸透した固定観念をいったん捨てなければなりませんが、何が固定観念であるかに気づきそれを捨て去ることは決して簡単なことではありません。しかし、ダイバーシティ&インクルージョンを取り入れればいままでにない観点からの意見や発想が得られ、まったく新しい価値観の創出が期待できます。

2-3.スキルアップが図れる

多様性を受け入れることで従業員のスキルアップが図れるのもダイバーシティ&インクルージョンのメリットです。業務に直結するスキルが磨かれるのはもちろん、自分とは異なる価値観や境遇の持ち主と仕事をすることでコミュニケーションスキルも磨かれます。従業員一人ひとりが相手の立場に寄り添うコミュニケーションを身につけられれば、職場の一体感も高まるでしょう。

2-4.社内満足度の上昇

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みは従業員の満足度の上昇にも貢献します。人は自らの想定を越える新たな価値観に触れると好奇心がくすぐられます。その好奇心は「もっと○○したい」という労働意欲となり、結果的に社内満足度の向上につながっていきます。主体的に働ける職場環境を構築することは離職の防止につながり、人材の安定的な雇用が見込めます。

3.ダイバーシティ&インクルージョンの施策例

ダイバーシティ&インクルージョンの導入における施策は企業によってさまざまです。ここではその代表的な施策例を見ていきます。これらを参考に、まずは自社の業種や特性に見合った施策から始めてみましょう。

3-1.働き方の多様化

ここ数年間で働き方は非常に多様化しています。ダイバーシティ&インクルージョンの施策でも、従業員にどれだけ多くの選択肢を提供できるかが重要となります。その選択肢には以下のようなものが挙げられます。

・テレワーク、リモートワーク、ワーケーションの実施
・時短勤務やフレックスタイム制の導入
・制服や服装
・介護・育児制度の利用促進
・男性の育児参加の支援制度
・副業の推進
・特別休暇の付与

「働き方改革」の実現に向けて - 厚生労働省

3.2.女性の活躍推進

「女性活躍推進法」の成立により女性の長期的な雇用確保が進んでいます。女性はライフステージの変化によってキャリアに影響がおよびやすいため、ダイバーシティ&インクルージョンにおいて以下のような施策に取り組むことが求められます。

・育児休暇からの復帰支援プログラムの実施
・女性専用トイレや更衣室の設置
・ライフステージの変化にともなう勤務地変更制度の導入
・ライフステージの変化を理由とする退職後、○年間の再雇用制度
・女性リーダー育成プログラムの実施

女性活躍推進法特集ページ(えるぼし認定・プラチナえるぼし認定) - 厚生労働省

3-3.シニア世代の雇用

労働力人口が減少する一方、働く意欲を持つシニア世代は増加しており、雇用の促進が進んでいます。「高年齢者雇用安定法」では65歳までの雇用機会の確保や70歳までの就業機会の確保などが盛り込まれており、国を挙げてシニア世代の活躍を後押ししています。

シニア世代には若手にはないスキルや経験を持ち合わせた人材が多いことから、雇用により組織全体の活性化が望めます。ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みとして期待値が高い取り組みの一つでしょう。

高年齢者雇用・就業対策 - 厚生労働省

高齢者雇用対策の取組について - 厚生労働省

4.ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み方

次に、ダイバーシティ&インクルージョンに取り組む際の有効な手順をご紹介します。長期的に継続してこそ成果があるという認識を持ち、腰を据えて取り組むことが必要です。

4-1.目的・目標の明確化

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みは目的と目標の明確化から始まります。はっきりとした目的と、採用人数、離職率など属性別の目標数値を設定しましょう。目的や目標が定まらず先々のビジョンが描けない状態では、取り組みの方向性や手法にブレが生じます。そうなると社員からの理解や協力が得られにくいため、最初の準備として必ず取りかかるようにしましょう。

4-2.社内環境の改善・整備

社内環境の改善や整備もダイバーシティ&インクルージョンには欠かせません。特に言語が異なる従業員を迎え入れる際には、業務の遂行はもちろん、従業員同士のコミュニケーション手法においても入念な準備が必要です。実際に働く従業員の視点に立って現実的な施策であるかをシミュレーションし、必要があれば改善を加えていきましょう。

4-3.人事体制の見直し

多様性の実現には、指針となり受け皿となる人事体制を最適化しなければなりません。そのためには、既存従業員の声を拾い上げ反映する必要があります。一方、多様性にこだわるあまり不当な待遇を受ける従業員が生まれることがないよう、あらゆる状況を想定することも重要です。すべての従業員が平等にメリットを享受することは難しいですが、誰の目にも明瞭な判断基準を設けることを心がけましょう。

4-4.社内の意識改革・改善

これまでご紹介してきた取り組みが良い方向性に進むかどうかは、従業員一人ひとりの意識の変化に委ねられます。そこでまず着手したいのは、経営層や管理職の意識改革です。ダイバーシティ&インクルージョンの基本的な意識づけを行ったうえで、多様性に適応するマネジメントスキルを実践できる研修やディスカッションの機会を設定しましょう。

5.ダイバーシティ&インクルージョンを取り入れるにあたっての懸念点

ダイバーシティ&インクルージョンを取り入れる際には、想定される懸念点も存在します。以下2つの要素をあらかじめ覚えておきましょう。

5-1.多様性からくる意見の衝突

ダイバーシティ&インクルージョンは多様性を受け入れ活かすことであるにもかかわらず、意見の衝突が起こりやすい現実もあります。その意見の衝突は、他者と自分の違いから生じる偏見や差別、誤解などによりもたらされるものです。しかし、従業員それぞれがダイバーシティ&インクルージョンの適切な理解を持ち合わせていれば、衝突を回避したり軽減したりすることが可能です。結果を急がず、時間をかけて多様性の意識を浸透させましょう。

5-2.全員が働きやすい環境の整備

働きやすい職場環境の整備は企業にとって重要な課題です。しかし、多種多様な特性を持つすべての従業員が働きやすさを感じられる職場の実現は一朝一夕にはいきません。働き方に関する何らかの取り組みを進めた結果、一部の従業員が不公平感を抱く可能性もあります。あらゆる方向に目を向け、一部の層に偏ることのない配慮を心がけましょう。

6. まとめ

ダイバーシティ&インクルージョンの推進は、まだ見ぬ自社の可能性を引き出し、さらなる飛躍の足がかりとなり得るものです。従業員にとっても、自らの能力やパフォーマンスを最大限に発揮し、自分らしく生き生きと働ける環境が手に入るメリットがあります。まずはダイバーシティ&インクルージョンによって目指したい未来を定め、既存の従業員から理解を得るための取り組みから始めましょう。

自社の課題に適切に対処し、最短距離でダイバーシティ&インクルージョンを実現するには、マイナビ顧問の利用をご検討ください。各業界に精通したプロフェッショナルが、貴社に最適な道筋を提案し、組織の意識改革のためにさまざまなサポートを提供します。

マイナビ顧問

顧問の紹介・派遣ならマイナビ顧問。顧問・社外取締役・アドバイザーとして、経営・組織・事業・営業・企画・海外戦略・管理部門など様々な経営課題を抱える企業へご紹介。