マイナビ顧問

メニュー

ニュース&コラム

顧問紹介・派遣TOPへ > ニュース&コラム > 2022年 > IPO支援・IPOコンサルティングとは?種類や特徴、メリットについて解説

IPO支援・IPOコンサルティングとは?種類や特徴、メリットについて解説

IPO

会社の事業が安定し、次の段階へ進むためIPO(株式上場)を目指そうかどうか考えている企業様もいると思います。

しかし、上場には審査があります。利益の管理や体制の設備といった数々の項目を準備し、審査をクリアしなければいけません。上場したいけど審査が通るか不安という方は、IPOに詳しいキャリアアドバイザーへ相談してみると良いでしょう。

今回の記事では、IPOとはなにか、またIPO支援やコンサルの種類や特徴について解説していきます。

1. そもそもIPOとは?

冒頭でお伝えしたIPOですが、一体どういう意味なのでしょうか?まずはIPOについて詳しく解説します。

IPOとは「Initial Public Offering」の略称で、日本語では「新規株式公開」という意味です。上場していない企業が、公募増資(新株の発行)や売出しを行い、証券取引(株式市場)に上場することで、一般の投資家が市場で株式を売買できるようになります。

投資するべきか判断するために、上場した企業は経営に関する情報開示が求められます。情報を一般の人に開示するわけですから、徹底した管理が必要になり、そのぶんコストも掛かります。

1-1. IPOのメリット・デメリット

IPOには、さまざまなメリットやデメリットがあります。

上場のメリット

・市場で株式が売れることに比例して、資金の調達をすることができる
・上場を目指すことによって意識が高まり、企業の成長につながる
・知名度を広めることができ、企業の宣伝になる

上場のデメリット

・企業情報の開示が義務付けられているため、管理面でコストがかかる
・企業に関係のない人が株式を購入できるため、敵対的な買収のリスクがある

上記の内容をまとめると、上場するメリットは企業の発展につながるということです。会社をより大きくしたい方にとっては、必ず通るべき道といえます。一方デメリットは、金銭的な問題や敵対的なリスクがあることです。また、企業の社会的責任も増すため、徹底した自社の管理が必要となってきます。

2. IPO支援の必要性

IPO支援とは、いわばIPOに関する専門家です。上場するためには、管理や資本政策などの業務に対応する管理部門責任者(CFO)を、立てる必要があります。新たに人材を雇用したり、社員を教育したりするには時間やコストがかかってしまうことや、上場後の役割決定が難しいという問題もあります。

こういった課題解決のために、IPO支援が役立ちます。実績のある専門家に相談することで、上場に関する問題を安心して任せることができます。

3. IPO支援の業務内容について

IPO支援のコンサルティングが企業のプラスになるかどうか不安があると思いますが、支援を受けるとするならば、まずはIPO支援の業務内容を細かく知ることも大切です。

業務内容は監査に関係する業務、上場に向けた計画の提案、財務報告や決算開示に関するアドバイスなどです。IPOを目指す企業のサポートや提案を主な業務としているため、コンサルタントは豊富なノウハウや多くの実績が伴っていなければいけません。

ほかにも以下のような業務を行います。

・資本の政策に関する提案
・内部管理状況へのアドバイス
・審査資料に関する提案

4. IPO支援・IPOコンサルティングの種類や特徴

IPO支援の種類は主に2つあります。コンサルタントにはそれぞれ得意分野があり、支援する内容も変わってきます。自社に足りないものが何かを明確にすることで、相性の良い会社を選択しましょう。取引する会社次第で、IPOに向けての準備が効率よく進むか決まります。

では、IPO支援の種類やそれぞれの特徴をご紹介します。

4-1. 証券会社系コンサル会社

審査に関わる書類や回答書を作成するコンサルタント会社で、引受審査や上場審査など、取引所目線での知見をもっており、審査対応が得意としています。

審査実務の知識が豊富なため、証券会社や取引所が求める内容に合わせて、書類を提供することができます。ほかにも、主幹事証券の対応を的確に判断するセカンドオピニオン的な立ち位置があります。

4-2. 会計士系コンサル会社

内部統制や決算開示体制の整備をするコンサルタント会社です。「業務をサポートする分野」と「自立運用をサポートする分野」があります。作業を手伝ってほしい場合は業務サポート、ノウハウを獲得したい場合は自立運用サポートを選択しましょう。

自社に合った分野を選ぶことができるため、質の良い最適なコンサルタントと契約をすることができます。また、上場後も見据えた体制作りを行えるといった強みがあります。

5. IPOの支援を依頼するメリット

支援を受けず、自分たちでなんとかしようと考える方もいるかもしれませんが、上場の準備段階で会計ミスや税金の申告漏れが出てしまうと大変なことになります。

IPOを視野に入れ始めると、税金申告や人材育成のコスト、上場に関する知識が少ないなどの問題が生じます。こういった問題をプロに相談することは大切だと思いますし、コスト削減にもつながることでしょう。

ここでは、IPO支援を受けるメリットを具体的に解説します。

5-1. 人材の採用・育成コストが省ける

上場をするために新たな人材を採用するとなると、人件費や育成のコストがかかり金銭的な負担が生じます。IPOの準備は一定の期間で終わらせることができるので、人材雇用にコストを掛けず、一時的にコンサルを受けた方が良いでしょう。

5-2. 専門家の豊富な知識を取り入れられる

IPO支援やコンサルティングに携わっている方々はIPOのプロですから、専門家としての豊富な知識を持っています。アドバイスをもらうことで、上場に関する業務を的確に行うことができます。また、会計ミスや税金の申告漏れを防ぐ対応もしてくれます。大きなトラブルを起こさず、安心して準備に取り掛かることができるでしょう。

6. IPO支援を依頼する際に確認するポイント

IPOについての知識や支援・コンサルティングのメリットを解説してきましたが、IPO支援を依頼する際に確認すべきポイントがあります。

6-1. 自立運用できる仕組みになっているか

上場後も証券会社からアドバイスを受けることになりますが、いつまでも頼る訳にはいきません。アドバイスに依存しすぎることはリスクになりますし、コストも相応に掛かることでしょう。自立運用ができるような仕組みか、事前に確認する必要があります。

6-2. サポート実績があるかどうか

コンサルを受けても結果が出せなければ意味がありません。しっかりと結果を出すことのできる会社を選択するべきです。大手証券会社などは実績が多く、豊富な知識を兼ね備える専門家が多いので、安心性は高いです。

6-3. 時間やコストに無駄がないか

上場には多くの時間とコストがかかります。企業の拡大に向けて頑張っているのに、貴重な時間や費用を無駄にすることは避けたいはず。依頼の際は、時間とコストの管理に気を付けましょう。

7. まとめ

今回はIPOコンサルの種類や特徴について詳しく解説しました。

大切なポイントは以下のとおりです。

・IPO支援はコストを削減できたり、安心して準備に取り掛かることができる
・種類は大きく分けて2つあり、証券会社系コンサル会社と会計士系コンサル会社がある
・依頼の際は、仕組みや実績、コストに注意する 

企業を大きく発展させることにつながる上場は、準備が大変です。しかし、プロや専門家に任せることで安心して業務を行うことができ、コスト削減といったメリットもあるため、IPO支援・IPOコンサルティングはおすすめです。


もしIPOに関する支援を検討している場合は、マイナビ顧問の利用を検討してみてはいかがでしょうか。高レベルの経営ノウハウや幅広い人脈で、企業の課題を解決します。 

マイナビ顧問

 

顧問の紹介・派遣ならマイナビ顧問。顧問・社外取締役・アドバイザーとして、経営・組織・事業・営業・企画・海外戦略・管理部門など様々な経営課題を抱える企業へご紹介。